忍者ブログ

不惑オヤジの将棋自戦譜集

自身の対局を振り返るための自戦譜掲載専用ブログです。メインブログで将棋の勉強法や子供への教え方について試行錯誤しています。メインブログ(https://yamakaz.wordpress.com/)もぜひご覧ください。

[将棋ウォーズ]●四間飛車vs居飛車穴熊 3手詰を見逃して切れ負ける(涙)

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

1. 仕掛け方について

本譜、相手の方が1六歩に1四歩と受けなかったようなので、5九角から1五角のぶつけを狙うと良いと思います。角交換から相手の3三の角を外して、2四歩と仕掛ける事が出来れば満足かと。
端歩を受けた場合、2六角や3七角から四筋逆襲も視野に入ると思います。2六角型の場合、4筋に飛車を据えて4六歩同歩同銀に4五歩と打つと、4五同銀と食いちぎり、以下同銀と銀を損するようですが4三歩打同飛4四歩打のハメ手があります。そうでなくても、一つ歩を持っておくだけで2〜4筋の仕掛けの幅が広がるのではないでしょうか。
私も今居飛車穴熊からの仕掛けに苦悩しているので、よろしければ参考にどうぞ

2. 無題

ナナシさん、コメントありがとうございます。

なるほど。1筋から角交換を狙う構想ですか。それは気付きませんでした。
プロの将棋を並べているとだいたい右桂を跳ねる前に端を打診してますが、相手が端を受けなければ▲1五角の余地を残すという意味もありそうですね。
3手角から飛車を4筋へ回っての仕掛けは私も何度か使ったことがありますが、まだ研究の余地がありそうです。
参考になります、ありがとうございました。

ただいまコメントを受けつけておりません。

[将棋ウォーズ]●四間飛車vs居飛車穴熊 3手詰を見逃して切れ負ける(涙)

将棋ウォーズ10分切れ負け。

戦型は居飛車対四間飛車の対抗型となり、居飛車の私が居飛車穴熊を採用。


<今回の教訓>

「駒をつないでいく」という終盤の鉄則に照らせば、▲4四角が視えるはずだった。
△5一金なら▲同桂成で一手一手だし、△4四同龍なら▲同角成△5一金▲同桂成で、後手には金が無いのでこれも一手一手だった。
# ----  Kifu for Windows V7 V7.08 棋譜ファイル  ----
開始日時:2017/02/14 11:58:27
棋戦:将棋ウォーズ(10切)
持ち時間:10分切れ負け
手合割:平手  
先手:私(1級)
後手:相手(二段)
手数----指手---------消費時間--
   1 7六歩(77)   ( 0:01/00:00:01)
   2 3四歩(33)   ( 0:00/00:00:00)
   3 2六歩(27)   ( 0:04/00:00:05)
   4 4四歩(43)   ( 0:02/00:00:02)
   5 4八銀(39)   ( 0:01/00:00:06)
   6 3二銀(31)   ( 0:01/00:00:03)
   7 2五歩(26)   ( 0:04/00:00:10)
   8 3三角(22)   ( 0:01/00:00:04)
   9 6八玉(59)   ( 0:02/00:00:12)
  10 4三銀(32)   ( 0:01/00:00:05)
  11 7八玉(68)   ( 0:03/00:00:15)
  12 4二飛(82)   ( 0:07/00:00:12)
  13 5六歩(57)   ( 0:03/00:00:18)
  14 6二玉(51)   ( 0:01/00:00:13)
  15 5八金(49)   ( 0:02/00:00:20)
  16 7二玉(62)   ( 0:01/00:00:14)
  17 5七銀(48)   ( 0:01/00:00:21)
  18 8二玉(72)   ( 0:01/00:00:15)
  19 7七角(88)   ( 0:01/00:00:22)
  20 9四歩(93)   ( 0:02/00:00:17)
  21 8八玉(78)   ( 0:02/00:00:24)
  22 9五歩(94)   ( 0:01/00:00:18)
  23 9八香(99)   ( 0:01/00:00:25)
  24 7二銀(71)   ( 0:00/00:00:18)
  25 9九玉(88)   ( 0:01/00:00:26)
  26 5二金(41)   ( 0:01/00:00:19)
  27 8八銀(79)   ( 0:01/00:00:27)
  28 6四歩(63)   ( 0:01/00:00:20)
  29 6六歩(67)   ( 0:07/00:00:34)
  30 7四歩(73)   ( 0:01/00:00:21)
  31 7九金(69)   ( 0:03/00:00:37)
*上部からのプレッシャーがそれほどでもない場合なら、この金はやはり7九に設置するのが良さそうだ。離れ駒にならないし、玉の腹を止めていることが後々効いてくることもある。
  32 7三桂(81)   ( 0:01/00:00:22)
  33 3六歩(37)   ( 0:10/00:00:47)
  34 6三金(52)   ( 0:08/00:00:30)
  35 6七金(58)   ( 0:12/00:00:59)
  36 4五歩(44)   ( 0:01/00:00:31)
  37 1六歩(17)   ( 0:04/00:01:03)
  38 4四銀(43)   ( 0:06/00:00:37)
  39 3七桂(29)   ( 0:02/00:01:05)
  40 5四歩(53)   ( 0:02/00:00:39)
  41 6八角(77)   ( 0:02/00:01:07)
  42 5五歩(54)   ( 0:18/00:00:57)
  43 同 歩(56)   ( 0:20/00:01:27)
  44 同 銀(44)   ( 0:02/00:00:59)
  45 5六歩打     ( 0:02/00:01:29)
  46 4四銀(55)   ( 0:01/00:01:00)
  47 2四歩(25)   ( 0:02/00:01:31)
*このあたりの仕掛け方はプロの棋譜からの猿まね。
*▲7七金→▲7八金など、穴熊を固めつつ振り飛車側から仕掛けさせる指し方もあるか。
  48 同 歩(23)   ( 0:02/00:01:02)
  49 4六歩(47)   ( 0:01/00:01:32)
  50 同 歩(45)   ( 0:03/00:01:05)
  51 同 銀(57)   ( 0:01/00:01:33)
  52 4五歩打     ( 0:02/00:01:07)
  53 5五銀(46)   ( 0:36/00:02:09)
  54 同 銀(44)   ( 0:03/00:01:10)
  55 同 歩(56)   ( 0:02/00:02:11)
  56 4六歩(45)   ( 0:46/00:01:56)
  57 4四歩打     ( 0:19/00:02:30)
*この一局でこの自分の「この一手」を挙げろと言われたらこれかもしれない。
*△同角なら▲2四飛でこちらが一歩早く捌け、△同飛なら本譜のように銀で角をいじめながら捌きを狙う。
  58 同 飛(42)   ( 0:33/00:02:29)
  59 4五銀打     ( 0:03/00:02:33)
  60 4一飛(44)   ( 0:02/00:02:31)
  61 3四銀(45)   ( 0:02/00:02:35)
  62 5一角(33)   ( 0:45/00:03:16)
  63 4三歩打     ( 1:19/00:03:54)
  64 3三歩打     ( 0:28/00:03:44)
*▲4三歩では▲4五銀が正しいかとも思ったが(次に▲5四銀と転換する狙い)この歩を打たせたことで結果として▲2四飛の捌きが生じ、戦いやすくなった。
  65 4五銀(34)   ( 0:16/00:04:10)
  66 4七歩成(46) ( 0:04/00:03:48)
  67 5四銀(45)   ( 0:05/00:04:15)
  68 同 金(63)   ( 0:23/00:04:11)
  69 同 歩(55)   ( 0:02/00:04:17)
  70 4三飛(41)   ( 0:01/00:04:12)
  71 2四飛(28)   ( 0:04/00:04:21)
  72 3七と(47)   ( 0:31/00:04:43)
  73 2一飛成(24) ( 0:03/00:04:24)
  74 5二歩打     ( 0:04/00:04:47)
  75 3五角(68)   ( 0:25/00:04:49)
  76 4九飛成(43) ( 0:37/00:05:24)
  77 5一龍(21)   ( 0:58/00:05:47)
*△5一同金は▲7一角打以下詰み。
*もし勝っていれば、この角抜きを許したのが後手の敗着ということになりそうだ。
  78 4四歩打     ( 0:27/00:05:51)
  79 6三桂打     ( 0:36/00:06:23)
  80 8五桂(73)   ( 1:08/00:06:59)
  81 7一角打     ( 0:53/00:07:16)
  82 7三玉(82)   ( 0:23/00:07:22)
  83 6一龍(51)   ( 0:33/00:07:49)
*▲4四角上が勝った。
  84 同 銀(72)   ( 0:03/00:07:25)
  85 7五歩(76)   ( 0:28/00:08:17)
  86 6三玉(73)   ( 0:12/00:07:37)
  87 5三金打     ( 0:23/00:08:40)
  88 7三玉(63)   ( 0:14/00:07:51)
  89 7四歩(75)   ( 0:04/00:08:44)
  90 同 玉(73)   ( 0:03/00:07:54)
  91 8二角成(71) ( 0:16/00:09:00)
  92 7三歩打     ( 0:42/00:08:36)
  93 7五歩打     ( 0:05/00:09:05)
  94 8四玉(74)   ( 0:01/00:08:37)
  95 6三金(53)   ( 0:05/00:09:10)
  96 6二銀打     ( 0:12/00:08:49)
  97 同 金(63)   ( 0:21/00:09:31)
  98 同 銀(61)   ( 0:02/00:08:51)
  99 8六歩(87)   ( 0:11/00:09:42)
 100 9四銀打     ( 0:05/00:08:56)
 101 8五歩(86)   ( 0:04/00:09:46)
 102 同 銀(94)   ( 0:01/00:08:57)
 103 8六歩打     ( 0:01/00:09:47)
 104 9四銀(85)   ( 0:08/00:09:05)
 105 8五銀打     ( 0:02/00:09:49)
 106 同 銀(94)   ( 0:01/00:09:06)
 107 同 歩(86)   ( 0:01/00:09:50)
 108 同 玉(84)   ( 0:05/00:09:11)
*ここで▲7六銀以下、簡単な3手詰めを見逃す...
 109 7七桂(89)   ( 0:02/00:09:52)
 110 7五玉(85)   ( 0:09/00:09:20)
 111 7六銀打     ( 0:02/00:09:54)
 112 7四玉(75)   ( 0:04/00:09:24)
 113 7二馬(82)   ( 0:01/00:09:55)
 114 8七桂打     ( 0:06/00:09:30)
 115 同 銀(88)   ( 0:03/00:09:58)
 116 7九龍(49)   ( 0:04/00:09:34)
 117 同 角(35)   ( 0:02/00:10:00)
 118 8八銀打     ( 0:02/00:09:36)
*切れ負けで無ければおそらく勝っていた将棋だけに、つくづくも詰みを見逃したのが悔やまれる。
 119 投了         ( 0:00/00:10:00)
まで118手で後手の勝ち
PR

コメント

1. 仕掛け方について

本譜、相手の方が1六歩に1四歩と受けなかったようなので、5九角から1五角のぶつけを狙うと良いと思います。角交換から相手の3三の角を外して、2四歩と仕掛ける事が出来れば満足かと。
端歩を受けた場合、2六角や3七角から四筋逆襲も視野に入ると思います。2六角型の場合、4筋に飛車を据えて4六歩同歩同銀に4五歩と打つと、4五同銀と食いちぎり、以下同銀と銀を損するようですが4三歩打同飛4四歩打のハメ手があります。そうでなくても、一つ歩を持っておくだけで2〜4筋の仕掛けの幅が広がるのではないでしょうか。
私も今居飛車穴熊からの仕掛けに苦悩しているので、よろしければ参考にどうぞ

2. 無題

ナナシさん、コメントありがとうございます。

なるほど。1筋から角交換を狙う構想ですか。それは気付きませんでした。
プロの将棋を並べているとだいたい右桂を跳ねる前に端を打診してますが、相手が端を受けなければ▲1五角の余地を残すという意味もありそうですね。
3手角から飛車を4筋へ回っての仕掛けは私も何度か使ったことがありますが、まだ研究の余地がありそうです。
参考になります、ありがとうございました。

最新コメント

[02/27 yamakaz(管理人)]
[02/27 ナナシさん]
[01/29 yamakaz(管理人)]
[01/29 ケムマキ君]
[01/29 ケムマキ君]