忍者ブログ

不惑オヤジの将棋自戦譜集

自身の対局を振り返るための自戦譜掲載専用ブログです。メインブログで将棋の勉強法や子供への教え方について試行錯誤しています。メインブログ(https://yamakaz.wordpress.com/)もぜひご覧ください。

[将棋ウォーズ]○居飛車対三間飛車(コーヤン流) 急戦流の仕掛けは通用するか

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

[将棋ウォーズ]○居飛車対三間飛車(コーヤン流) 急戦流の仕掛けは通用するか

将棋ウォーズ10分切れ負け。
戦型は先手居飛車対後手コーヤン流三間飛車。先手が私です。



<今回の教訓>

この局面、本譜で後手は△6二飛と飛車を逃げたが、これで形勢が先手に傾いた。激指は代えて△3三金を提示してきたが、これがまさに「なるほど」だった。

大駒交換で収めましょうという手。一見打った金が遊びかねなくて私の感覚では指しにくいが...

先手としては既に大きく駒損しているので龍を引く手は無い。▲2二龍と角を取るのは△同飛で飛成が受からないので▲3二龍の一手だが、△同金と取ったの以下の局面は、飛車の打ち込み場所が少なく、意外と金が遊ばない。

打ち込むなら▲4一飛くらいだが、そこで△6六金と攻め合えば後手の方が早そうだ。

# ----  Kifu for Windows V7 V7.08 棋譜ファイル  ----
開始日時:2017/02/10 22:45:16
棋戦:将棋ウォーズ(10切)
持ち時間:10分切れ負け
手合割:平手  
先手:私(1級)
後手:相手(二段)
手数----指手---------消費時間--
   1 7六歩(77)   ( 0:01/00:00:01)
   2 3四歩(33)   ( 0:00/00:00:00)
   3 2六歩(27)   ( 0:01/00:00:02)
   4 4四歩(43)   ( 0:01/00:00:01)
   5 4八銀(39)   ( 0:02/00:00:04)
   6 3二飛(82)   ( 0:00/00:00:01)
   7 2五歩(26)   ( 0:02/00:00:06)
   8 3三角(22)   ( 0:01/00:00:02)
   9 6八玉(59)   ( 0:01/00:00:07)
  10 4二銀(31)   ( 0:01/00:00:03)
  11 7八玉(68)   ( 0:02/00:00:09)
  12 6二玉(51)   ( 0:00/00:00:03)
  13 5六歩(57)   ( 0:03/00:00:12)
  14 5四歩(53)   ( 0:03/00:00:06)
  15 5八金(49)   ( 0:05/00:00:17)
  16 7二玉(62)   ( 0:00/00:00:06)
  17 9六歩(97)   ( 0:01/00:00:18)
  18 9四歩(93)   ( 0:01/00:00:07)
  19 3六歩(37)   ( 0:01/00:00:19)
  20 8二玉(72)   ( 0:01/00:00:08)
  21 4六歩(47)   ( 0:01/00:00:20)
  22 5三銀(42)   ( 0:04/00:00:12)
*いわゆる「コーヤン流」と呼ばれる形。
*私の認識ではコーヤン流は藤井システム同様、対居飛車穴熊戦略だと思っていたので、こちらが急戦指向を明確にしているにも関わらずこの形に組んでくるとは思わなかった。
  23 3七桂(29)   ( 0:02/00:00:22)
  24 4二金(41)   ( 0:10/00:00:22)
  25 6八銀(79)   ( 0:04/00:00:26)
  26 2二飛(32)   ( 0:06/00:00:28)
  27 5五歩(56)   ( 0:21/00:00:47)
*対コーヤン流の定跡は正直よく知らない。後で調べてみると、シンプルに▲4五歩から桂による両取りを狙うものらしい。
*ただし、これは居飛車穴熊に組んだ場合の仕掛けなので、今回のような急戦策の場合はどうか。角道が開いた瞬間に角交換があるので成立しなさそうな気がする。
*急戦の場合、振り飛車側の構えが3二銀&5二金だとこの仕掛けが定跡なのだけど、この形に対してこの仕掛けが成り立つかどうかは正直半信半疑だった。
*とはいえ、角道を止めてから▲4五歩からの両取りが見えるので、仕掛ける価値はあると思った。
  28 同 歩(54)   ( 0:04/00:00:32)
  29 4五歩(46)   ( 0:01/00:00:48)
  30 5四銀(53)   ( 0:09/00:00:41)
  31 4四歩(45)   ( 0:03/00:00:51)
  32 同 角(33)   ( 0:01/00:00:42)
  33 5六歩打     ( 0:25/00:01:16)
  34 7二銀(71)   ( 0:27/00:01:09)
  35 5五歩(56)   ( 0:02/00:01:18)
  36 同 銀(54)   ( 0:01/00:01:10)
  37 4五桂(37)   ( 0:10/00:01:28)
  38 4三歩打     ( 0:11/00:01:21)
  39 3五歩(36)   ( 0:29/00:01:57)
  40 同 歩(34)   ( 0:05/00:01:26)
  41 3四歩打     ( 0:02/00:01:59)
  42 3六歩(35)   ( 0:07/00:01:33)
  43 3三歩成(34) ( 0:03/00:02:02)
  44 同 桂(21)   ( 0:02/00:01:35)
  45 同 桂成(45) ( 0:02/00:02:04)
  46 同 金(42)   ( 0:01/00:01:36)
  47 4七桂打     ( 1:11/00:03:15)
*いかにも筋の悪い手だが他に良い手も思いつかなかった。
*激指先生は▲9五歩から無理矢理一歩を手に入れて、▲4五歩という手を示していた。
*が、さすがにこれは危険すぎやしませんか。実戦では見えていても指す気にはならないと思う。
  48 4六銀(55)   ( 0:03/00:01:39)
  49 4四角(88)   ( 0:02/00:03:17)
  50 同 歩(43)   ( 0:07/00:01:46)
  51 3一角打     ( 0:35/00:03:52)
  52 5二飛(22)   ( 0:08/00:01:54)
  53 7五角成(31) ( 0:03/00:03:55)
  54 3七歩成(36) ( 0:10/00:02:04)
  55 同 銀(48)   ( 0:02/00:03:57)
  56 同 銀成(46) ( 0:01/00:02:05)
*この時点で銀損。こちらの戦略は完全に失敗している。
  57 5三歩打     ( 0:18/00:04:15)
  58 3二飛(52)   ( 0:09/00:02:14)
  59 2六飛(28)   ( 0:02/00:04:17)
  60 6四銀打     ( 0:14/00:02:28)
  61 8六馬(75)   ( 0:05/00:04:22)
  62 4五歩(44)   ( 0:10/00:02:38)
  63 5六飛(26)   ( 0:05/00:04:27)
  64 5一歩打     ( 0:05/00:02:43)
  65 6六歩(67)   ( 0:53/00:05:20)
  66 3四角打     ( 0:13/00:02:56)
  67 6七銀(68)   ( 0:39/00:05:59)
  68 2五角(34)   ( 0:19/00:03:15)
  69 5五桂(47)   ( 0:21/00:06:20)
  70 4四金(33)   ( 0:30/00:03:45)
  71 6四馬(86)   ( 1:08/00:07:28)
  72 同 歩(63)   ( 0:01/00:03:46)
  73 6三銀打     ( 0:01/00:07:29)
  74 2二角打     ( 0:10/00:03:56)
*この角打ちの意図が対局中は正直よくわからなかったが、▲5五金から角の後押しで進出していこうということか。
*だが、この角が後々狙い目になり、結果として災いしてた気がする。
  75 7二銀成(63) ( 0:18/00:07:47)
  76 同 金(61)   ( 0:01/00:03:57)
  77 6三銀打     ( 0:01/00:07:48)
  78 5五金(44)   ( 0:01/00:03:58)
  79 7二銀成(63) ( 0:02/00:07:50)
  80 同 玉(82)   ( 0:00/00:03:58)
  81 2六飛(56)   ( 0:01/00:07:51)
*△2二角のおかげでこの飛車回りがより厳しくなった...と思っていた。受けるなら△2四歩だが、この場合は▲2三金で飛角両取りが決まる。
*...しかし、よく考えると△1四角という手があってこれで受かっていた。既に局面は相当悪いので、▲1六歩みたいな手はとても間に合わない。
*本譜は角を切り飛ばしてくれたので、少しは形勢が戻ったと思う。
  82 5八角成(25) ( 0:05/00:04:03)
  83 同 金(69)   ( 0:03/00:07:54)
  84 4六歩(45)   ( 0:02/00:04:05)
  85 2三飛成(26) ( 0:02/00:07:56)
  86 6二飛(32)   ( 0:02/00:04:07)
*どの手が後手の敗着になったのかはっきりとはわからないが、この一手で激指の形勢判断が大きく先手に傾いている。代えて△3三金を提示している。
*なるほど、少なくとも大駒交換で収めようということか。▲3二龍△同金となると、金が飛車の打ち込みを狭めていて意外と遊んでない。これは憶えておきたい受け方かもしれない。
  87 5二歩成(53) ( 0:26/00:08:22)
*これが気持ちの良い成り捨て。△5二同歩なら角が素抜けるので本譜のとおり▲5二同飛の一手。
  88 同 飛(62)   ( 0:01/00:04:08)
  89 6三角打     ( 0:27/00:08:49)
  90 8二玉(72)   ( 1:10/00:05:18)
  91 5二角成(63) ( 0:02/00:08:51)
  92 同 歩(51)   ( 0:01/00:05:19)
  93 2二龍(23)   ( 0:00/00:08:51)
*既にこの時点で形勢は先手に傾いている。
  94 7二金打     ( 0:11/00:05:30)
  95 4四角打     ( 0:13/00:09:04)
  96 4七歩成(46) ( 0:06/00:05:36)
  97 5二龍(22)   ( 0:04/00:09:08)
  98 5八と(47)   ( 0:02/00:05:38)
  99 7二龍(52)   ( 0:20/00:09:28)
*以下簡単な即詰み。既に形勢は逆転していたとはいえ、まだ粘る余地はあったと思うが...
 100 同 玉(82)   ( 0:01/00:05:39)
 101 6二飛打     ( 0:01/00:09:29)
 102 7一玉(72)   ( 2:10/00:07:49)
 103 7二金打     ( 0:03/00:09:32)
 104 投了         ( 0:00/00:07:49)
まで103手で先手の勝ち
PR

コメント

最新コメント

[02/27 yamakaz(管理人)]
[02/27 ナナシさん]
[01/29 yamakaz(管理人)]
[01/29 ケムマキ君]
[01/29 ケムマキ君]